TI Circuit Over Heat Meeting
BELLA MACCHINA
20010722

  

今回のベラマキは7月22日に岡山県英田にあるTIサーキットで開催されたTIPO主催の「Overheat Meeting」というイベントにいってきました。

岡山県までの往復は当初いろんな方法で行くことが議論されましたが、最終的に自分達のクルマで相乗りしていく方法に落ち着きました。ちなみに議論の中で出た案は、「フェリーで神戸までいき、戻る」「マイクロバスをレンタルして1台で行く」等がノミネートされていましたが、結局一番まともな方法に落ち着いたのでした(笑)。関東から秋山さんたちが自走でくるのに、私たちが自走で行かないわけには・・・(笑)しかし、今回の距離は的廬号では最長距離。多少の不安をもちながらの出発でした。

まずは福岡空港で福岡出発組が集合。ここでの集合メンバーはまさらりさん・もぐさ145さん・茶器155さん・RZ230さん・キャメルの5人。クルマはもぐさ145号と的廬号(430)の2台。「Overheat Meeting」とは縁起でもない名前やね!と前々から話題になってましたが、出発してすぐにオーバーヒートでとまっているクルマが・・・国産車でしたが、自分らのこれからを暗示してるような気がしました(笑)ちなみにこの時点で、アルファロメオ1300GTJuniorのasaiさん一家は山口を通過してました。

布刈のパーキングエリアでMoseleyさん・Hayaseさんと合流。ここで昼食を食べて少し寛いでから出発します。電話で確認するとasaiさん一家はもうかなり先に・・・。出発して追い掛けます。

何ごともなく順調に進みます。懸念していた的廬号の水温も安定しています。本当は行く前にクーラントを交換しておきたかったのですが、使用したかった銘柄がなく断念。朝、出発する前にクーラントのレベルを確認するとなんかえらく増えてます。昨日EVでオイル交換とその他の点検をしてもらう前はもっと少なかったんですが、Uさんが継ぎ足しておいてくれたのでしょうか?取りあえず出発前に気休めにアッパーホースをもみもみしてエア抜きの真似事だけはしてみましたが・・・。

エアコンもばっちり効いてます。RZ230さんが感動していました(笑)途中休み休みでドライバーの交代をしたりしながらも徐々にasaiさん一家に近付きつつあるようです。要所要所では携帯からベラマキ掲示板に経過の書き込みを行いました。

ついに吉備SA(だったよね?)でasaiさん一家と合流。エアコンのないJuniorでさぞかし子供さんたちはぐったりしてるだろうと予想していたものの、意外な程元気。鍛え方が違うようです(笑)しかし、asaiさんたちのタフさには驚きです。

合流後は隊列を組んで進み、備前ICで高速を降り、上郡の今夜の宿泊場所のホテルを目指します。ホテルには無事に到着してチェックインはすませましたが、秋山さん達は途中パーコレーションによるトラブル等がありかなりおくれるようです。ここで四国のアルファモータースのTさんやシャマルに御乗りのSATOさん達、ミトスのOさんたちと合流です。チェックインしてちょっとだけ休憩してから、今夜の食事場所に向かいます。

宴会の会場は川沿いにある居酒屋?でした。お店の看板より「営業中」の看板の方が目立つ不思議な所でした。先に宴会を始めていると秋山さん・ほんだっち・GrageVisionの本間さん・まさかっちゃんさん達が到着。場は盛り上がります。ひとしきり飲み食いしてお開きです。ホテルに戻ってからは秋山さんの部屋に集まって過ごした後、各自部屋に戻りました。この時点ですでに1時くらい。それからシャワーを浴びたものの、私とRZ230さんは話し込み結局寝たのは3時でした。次の日は5時起床なので2時間しか寝れない・・・。

  

なんとか5時に目が覚めました。RZ230さんは非常に寝起きが悪いようで朦朧としてるようでした(笑)まさらりさんは早く寝ていたせいか結構普通。窓から下を見るとすでにもぐさ145さんがエンジンをかけてました。慌てて用意して降りていきます。

何人かが途中のコイン洗車場で洗車した後TIサーキットを目指します。えらく狭い道や、適度に楽しめるワインディングを通っていくと、やがてサーキットに到着です。

ついた時にはすでにかなり暑い状態でした。先が思い遣られます。

イベントは・・・とにかく暑さとの戦いでした(笑)でも楽しめました。残念だったのはアルファモータースさんのビトルボS。本国の2Lモデルで完全レース用にモディファイされていて格好よかったんですが、残念ながらタービンブローでリタイアでした。結構良いタイム出てたんですが。その後、もぐさ145さんや秋山さんの出走、EVのS氏・K氏も来てM氏が参戦したフェラーリ360チャレンジ、そしてF-1フェラーリのデモ走行やその他様々なアトラクションがあって楽しめました。感動したのはOSCAを見れたこととF-1マシンが実際に走行しているのを見れたことですね。F-1は信じられないくらい速かったです。

イベントの模様は下の写真でお楽しみください。

そして楽しいくも暑くてつらいイベントももう少ししたら終わろうかというころ、少し早めに出発することにしました。帰りは丁度夕陽を追いかけながらの走行です。今度はずっと4台で連なって走ります。途中夕食を食べてそこでとりあえず解散としました。なんだか、行きはかなり遠く感じた距離が帰りはあっという間という感じで帰ってきました。

今回の総走行距離は的廬号のメーターで、約1200Km。もぐさ145さんは何キロになったのでしょうか。的廬号の距離計は最近多く表示されてるのではないかという疑惑があるので、今度教えてください。何もトラブルなく無事に帰ってこれてよかったですな。

今回参加の皆さん、大変お疲れさまでした。

レポート&写真:キャメル

DSCN0001 DSCN0003 DSCN0006 DSCN0007 DSCN0008 DSCN0009
福岡組集合 福岡組集合 布刈で合流 布刈で合流 途中で休憩 ご満悦な
RZ230氏
DSCN0011 DSCN0012 DSCN0013 DSCN0014 DSCN0015 DSCN0019
順調に進みます まさらりさん
とキャメル
asaiさん一家
合流
asaiさん一家
合流
asaiさん一家
合流
1300GT Junior
DSCN0022 DSCN0026 DSCN0027 DSCN0028 DSCN0029 DSCN0030
1300GT Junior 備前インター
到着
ホテルは
どっち?
備前インター
到着
まだまだ
元気一杯!
ホテル到着
DSCN0034 DSCN0035 DSCN0036 DSCN0037 DSCN0040 DSCN0044
やっと食事・・ 秋山さん到着 本間さんと
まさかっちゃん
さん
もぐさ145号 出発風景 ステッカー
貼ってます
DSCN0049 DSCN0053 DSCN0061 DSCN0067 DSCN0068 DSCN0071
アルファ
モータースさん
ビトルボS
アルファ
モータースさん
ビトルボS
出走前の準備 アルファ
モータースさん
ビトルボS
アルファ
モータースさん
ビトルボS
秋山さん激走
DSCN0072 DSCN0073 DSCN0075 DSCN0077 DSCN0081 DSCN0092
アルファ
モータースさん
ビトルボS
ホームストレート アルファ
モータースさん
ビトルボS
残念ながら
リタイア
楽しそう
だけど暑い
バトルロイヤル
開始
DSCN0094 DSCN0096 DSCN0099 DSCN0100 DSCN0103 DSCN0105
秋山さん激走 お楽しみ お楽しみ TIPOでお馴染み OSCA OSCA
マセラティスタ
にはたまりません
DSCN0107 DSCN0110 DSCN0112 DSCN0120 DSCN0121 DSCN0122
OSCA OSCA OSCA Ferrari F-1 Ferrari F-1 Ferrari F-1
DSCN0123 DSCN0124 DSCN0129 DSCN0130 DSCN0131 DSCN0135
Ferrari F-1 EV K氏 出走前のM氏 EVからの2台 EVからの2台 お楽しみ
DSCN0136 DSCN0137 DSCN0139 DSCN0140 DSCN0141 DSCN0144
真剣な表情のS氏 出走前のM氏 360チャレンジ 360チャレンジ こういう感じ
良いですね
037ラリー
始めてみました
DSCN0148 DSCN0162 DSCN0165 DSCN0168 DSCN0171 DSCN0173
037ラリー
始めてみました
Ferrari F-1
とにかく速い!
Ferrari F-1 これは凄かった 一歩間違えば
恐ろしいです
これもなかなか
DSCN0174
太田哲也選手の
姿も・・
これ以降は電池
切れでRZ230
さんに撮って
もらったので
後日追加します

  


BELLA MACCHINA
らくだ庵>20010722 TI Circuit Over Heat Meeting