20020728 ベラマッキナ 直方花火大会BBQ
BELLA MACCHINA
2002.07.28

今回のベラマキは、hayaseさんから「うちで直方の花火大会を見ながらバーベキューをしませんか?」とのありがたいお誘いを受けて、お言葉に甘えてまた大勢で押し掛けてしまいました(^ ^;;
hayaseさんとご家族にはいつも本当にありがとうございますm(_ _)m。

とはいえ、直方の花火大会は夜の8時から。hayaseさんちでの集合は14時。そんなに長くバーベキューを?とお思いでしょうが、実はミニツーリングが計画されていたのでした。hayaseさんとヴェロきむさんで前の週に下見までしてもらって、頭が下がる思いです(残念ながらヴェロきむさんは急な仕事でミニツーリングには参加できなくなりましたが…)

福岡組はいつもの通り篠栗北の交差点で集合して、犬鳴峠を越えてhayaseさん宅に向かいます。

この時点でのメンバーは
greenさんカップル!
kazumalさん御夫妻
セロー155さん(じんべいがナイスでしたね〜)
けんと156さん親子
もぐさ145さん・がちゃぴんさん
RZ230さん・ビア子さん
キャメル・ルノコ

でした。hayaseさん宅につく前にセロー155さんは一旦自宅に戻られました。

そして、hayaseさん宅で

hayaseさん
でぃぷし〜さんと友人の方
ティフォー児さん・河村君(それにしても河村君って浴衣似合いますね〜!浴衣であれだけの迫力を出せるとはただものではない…(笑)
かしきやさん・中ゴンさん
シホさん

と合流しました。

少し休憩したあと、ミニツーリングに出発します。
コースは畑貯水地を越えて平尾台に上がり向こう側に下ってR322に出て香春を通ってhayaseさん宅まで戻ってくるというもの。炎天下の中、イタ車を連ねて走行します。

深夜であれば快適なペースで走れるこのルートも、夏休み中の日曜日の昼間となればゆっくりペースのクルマも多く、のんびりとしたツーリングでした。私キャメルにとってこの日通ったコースは学生時代によく走った道ですごく懐かしかったです(^ ^;;

平尾台の上まで上がって駐車場にクルマを停めてひと休みします。

 

ここででぃぷし〜さんたちがやおらボンネットを開けて何か始めました。

なんでもエンジンルーム内にある意味不明のホースからのガソリン漏れが止まらないとのこと。皆で頭を絞って、とりあえず問題のホースを少し切った後、八幡様に積んであったホースバンドとシールテープで応急処置をすると漏れはとまりました(^ ^;; 

しかし思い返せば、私、最初ガソリンが漏れていると騒いでるすぐ横でのぞきこみながらタバコすってたような気が…(汗)。

引火しなくてよかったです。(爆)

その後近くの売店で飲み物を買ったりして少し休憩した後、平尾台を後にします。今度はそのまま平尾台の反対側に降り、盛夏の田園風景の中をクルーズした後、国道322号に出て香春を通りhayaseさん宅に戻ってきました。18時到着予定より大幅に早い17時過ぎには戻ることができました。

 

まだ花火開始にも間があるし、バーベキューを始めるにも早すぎるので、しばらくのんびりしつつぼちぼちと火を起こし始めたりします。

hayaseさんの工場の前に椅子を出してもらってくつろいでいましたが、遠賀川から田んぼの上を通って吹き付けてくる風の涼しいこと…。エアコンいらないですね(それでもなぜか暑いと口にしてしまうのは、悪い癖?)

オフィスビルの人工的な空調になれた身体に心地良かったです(それまでエアコンなしでツーリングしたからという話も…。おそらくでぃぷし〜さんたちもこの風に生き返る思いだったに違いありません(爆))

このあたりで、セロー155さんも奥さんとももちゃんとともに登場。色白でとってもかわいいももちゃんは大人気でしたね!ineroさん御夫妻やギブミーさんCOMORIさん御夫妻も次々と到着しました。

 

そうこうするうちに、炭にも火がつきバーベキューの準備もできてバーベキューを始めます。

いつもながらおいしいお肉に、今回はhayaseさんがゲロを吐きながら(失礼!)命がけで釣ってきて、ペルドンナの皆さんがhayase奥様の指示でさばいて準備をしたイカが目玉です。

ゲソを刻んで刻みねぎといっしょに頭につめて口を留めただけのものですが、これを焼いたものはそれは美味!かぶりつくとふうわりと磯の風味が口の中に拡がってたまりません。大評判でした。hayaseさんの苦労も報われたことでしょう(笑)

そうそう、グルメといえばCOMORIさんの綿菓子も忘れてはいけません。姪っこのおもちゃの綿菓子器を持参してもらい、即席縁日風綿菓子屋さんがはじまりました。ひさしぶりの綿菓子、甘くておいしかったっす(^ ^;;

さらに、καωさんから差し入れの瓶入り紹興酒がふるまわれました。(καωさん、ありがとうございました)瓶の口はしっくいでかためられていてこれを割って紹興酒まで辿り着くのもまた楽しい作業でした。

 

さて20時に花火大会が始るころには日もかなり暮れ、近くの道路も大渋滞でした。その渋滞を尻目に皆さん日本の夏の夜を思い思いに楽しんでいるようでした。

花火が始ると、hayaseさん宅はベストポジションなんです。みんなが寛いでいる工場前の前庭の正に正面の暗い夜空に鮮やかな大輪が花開きます。この方向に唯一あるのは、近所のホームセンターの低い建物のみ。hayaseさんによるとこの建物がなかったころは、もっとよく見えてたらしいですが、我々にとっては充分すぎるくらいよく見えました(^ ^;; 

それにしても良いもんですねー。ぱあっと花火が開いてしばらくたってからド〜ンと迫力ある音がして…。やっぱり夏はこれですね〜(笑)

 

かなり長い花火大会で途中中だるみして、みんな花火は見ずにしゃべったり、hayaseさんが用意してくれた花火をしたりしてたりもしましたが、最後のフィナーレはまたすばらしかったです。

ここで、本日の締めとばかりにCOMORIさん自作の「愛のナイアガラ」も披露されたりして(点火がちょっと難しいようでしたが…(^ ^;;)、楽しかったですね〜。※「愛のナイアガラ」の写真はもぐさ145さんより提供していただきました。ありがとうございました。

この間に、急な仕事が入って来れなくなったヴェロきむさんや、仕事が終わってからはるばる大分からかけつけたイタリア★★★★チョースケさんも到着しました。

花火大会が終わっても周辺は渋滞しているし、またしばらくおしゃべりが続き、直方の夜は更けていったのでした…。

 

毎度のことながらhayaseさん、奥様、ご家族の皆様には本当にお世話になりました。おまけに今回は椅子や花火まで用意してもらって至れり尽せりで、なんだか甘えすぎているようで恐縮です。本当にありがとうございました。

そして最後の集合写真はセロー155さん提供です。ありがとうございました。

お詫び:以下の写真の各ページの日付けが「7月29日」になっていますが、実際は「7月28日」の間違いでした。ご了承くださいませ。hayaseさん、御指摘ありがとうございました(^ ^;;

 

DSCN1522 DSCN1524 DSCN1525 DSCN1528 DSCN1530 DSCN1531
DSCN1522.JPG DSCN1524.JPG DSCN1525.JPG DSCN1528.JPG DSCN1530.JPG DSCN1531.JPG
DSCN1532 DSCN1534 DSCN1535 DSCN1536 DSCN1538 DSCN1539
DSCN1532.JPG DSCN1534.JPG DSCN1535.JPG DSCN1536.JPG DSCN1538.JPG DSCN1539.JPG
DSCN1540 DSCN1544 DSCN1545 DSCN1548 DSCN1550 DSCN1553
DSCN1540.JPG DSCN1544.JPG DSCN1545.JPG DSCN1548.JPG DSCN1550.JPG DSCN1553.JPG
DSCN1557 DSCN1562 DSCN1563 DSCN1564 DSCN1565 DSCN1566
DSCN1557.JPG DSCN1562.JPG DSCN1563.JPG DSCN1564.JPG DSCN1565.JPG DSCN1566.JPG
DSCN1567 DSCN1568 DSCN1569 DSCN1570 DSCN1572 DSCN1575
DSCN1567.JPG DSCN1568.JPG DSCN1569.JPG DSCN1570.JPG DSCN1572.JPG DSCN1575.JPG
DSCN1577 DSCN1578 DSCN1580 DSCN1582 DSCN1583 DSCN1585
DSCN1577.JPG DSCN1578.JPG DSCN1580.JPG DSCN1582.JPG DSCN1583.JPG DSCN1585.JPG
DSCN1589 DSCN1593 DSCN1594 DSCN1595 DSCN1596 DSCN1597
DSCN1589.JPG DSCN1593.JPG DSCN1594.JPG DSCN1595.JPG DSCN1596.JPG DSCN1597.JPG
DSCN1601 DSCN1607 DSCN1608 FH000026
DSCN1601.JPG DSCN1607.JPG DSCN1608.JPG FH000026.JPG


BELLA MACCHINA
らくだ庵>20020728 ベラマッキナ 直方花火大会BBQ