らくだ庵ホーム愛馬の部屋おいでマセ・的廬号の最近>2002年1


でも八幡様の最近(笑)

2002年1月


1月3日 新年そうそう燃料漏れ…

皆様、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

と、いうことで新年早々、皆様の期待を裏切らない八幡様です(^ ^;;

昨年末からクルマ自体の調子がよくてとっても楽しくて、年末年始の間ほとんど毎日乗っていたのですが、なんだか車内がガソリン臭い。

最初給油の時にフュエルキャップのゴムを落としたのかと思いましたが、そのケースの時よりもはるかに強烈に匂ってきて気分が悪くなるくらいです。さらにトランクを開けるとガソリン臭が充満しています。

「何かへんだなあ」と思いつつ何日か過ごし、だんだんと臭いも強烈になるので、今日家に戻ってとりあえずトランク側から見える部分をチェックしてみました。燃料ホース関係は車検の時にエンジンルームもタンク側も全て新品に交換してるので、タンクかなあと思いつつ…。

トランク内のタンクを被っているカーペットを剥がしてみると、なんとタンクの下から3分の1くらいの高さの所、タンクを固定している2本のスチールベルトの右側の向こうからガソリンが漏れた跡がくっきり。

「おお!やはりそうでしたか。」と感心してる場合ではないのですが、とりあえず写真に納めました(笑)見にくい場所だし暗いのでよく分かりませんが、どうも内側の錆びの部分に穴が開いたようです。

●写真:こんな感じで漏れてます。  
●写真:穴が分かりますか?  

このままではやばそうなので、とりあえず石鹸を塗って応急処置をしたら、ぴたっと止まったようです(笑)

●写真:石鹸を塗るととりあえず止まりました  
●写真:MILANOの石鹸が効果アリ!?
  

すぐに修理をしたい所ですが、明日は仕事なので土曜日にヨーロピアンバージョンに持っていってみますが、おそらくタンク交換でしょうね。赤兎馬号(ビトルボ)のタンクがきれいな状態でそのまま使えるとよいのですが…。

 


らくだ庵ホーム愛馬の部屋おいでマセ・的廬号の最近>2002年1