らくだ庵ホーム愛馬の部屋おいでマセ・八幡様の最近>2002年1


やっと八幡様の最近(笑)

2002年1月


1月13日 燃料タンク交換・助手席ドア交換

新年早々燃料漏れが見つかった八幡様の燃料タンク。

とりあえずヨーロピアンバージョンに持ち込んで、

1.修理 
2.赤兎馬号のタンクを流用 
3.新品に交換 

の3つの選択肢の中から検討したのですが、「1」は今の穴を埋めても内部がかなり錆びてる可能性があるのでまた穴が開く可能性が高い、「2」は外してチェックしてみると、過去に修復歴がありやはり結構内部が錆びてるようだ(5年くらい置きっぱなしなので錆びてて当然でしょうね)、ということで、結局「3」の新品に交換してもらうことにしました。

ちなみに、調べてもらったら旨い具合に国内に一個だけ在庫があって発注すればすぐ入るとのこと。こういうのに弱いんです、わたし(笑)。

しかしビトルボのタンクって意外と安いんですね。ゲージまでついて¥68,800也。これに工賃がプラスです。パーツ代だけで10万超えるかなーと予想していましたが・・・。(パーツリスト見る感じでは、ポルテまでものは一緒ですね…)

外した古いタンクは最初持ち帰ろうかな?と思いましたが、結局ゲージだけとっておいて、後は捨ててもらいました(置いておくにも場所とるし…)。タンクが新品になって錆びとかがなくなるともっと調子よくなるかな?

●写真:新しい燃料タンク  

今回の作業の際、ついでに助手席側のドアも赤兎馬号のものと交換してもらいました。

これまでは、鍵穴が回らない、錆で穴だらけ(ドアを開け閉めする度にドアの質量が減っていくのが目で見える(爆))、窓が全く開かない、ドアノブが壊れて外からドアを開けられない、という四重苦でしたが、全て解消されました。

それにしても窓が開くってこんなに便利なことだったんですね(^ ^;; いや、ほんとに快適。

●写真:ドアの色は違いますが…  
●写真:結構気に入ってたりして(笑)  


らくだ庵ホーム愛馬の部屋おいでマセ・八幡様の最近>2002年1