らくだ庵ホーム愛馬の部屋おいでマセ・八幡様の最近>2002年3


やっと八幡様の最近(笑)

2002年3月


3月3日 排気漏れ増加、1速にはいらな〜い!

3月3日は親をつれて別府まで往復してきました。

とっても天気がよくドライブ日和。太宰府インターから九州自動車道に乗って、全て高速を使った往復だったんですが、天気が良いせいか渋滞まではしてませんでしたが、けっこうクルマは多かったですね。結局ノンストップで別府まで行きました。

 

が、そんなドライブには絶好の天気だったけど、私の心はどこかすっきりしませんでした。

なぜならハチマンサマ、以前から加速して多分ブーストがかかっている時なんですが「チリチリチリ…」という音が運転席の前の方から聞こえてきます。

最初ノッキングの音かと思っていたんですが、メカの人に聞いてもらったら「排気漏れの音です」とのこと。結局今だにそのまんまなにも対策してないのです。特にすぐに大きな悪影響があるわけではないんでしょうが、かなり気になりますね。躊躇しちゃってどうも思いっきりアクセル踏めないんです。

しかも、クラッチのせいかギアの入りも悪いし…(シンクロのせいだとは思いたくない…)エンジンもなんとなく絶好調じゃない気持ちもしたりするし…。

まあ、そんな分けで比較的てれてれと走行しました。

 

さて別府についてから、どのあたりから漏れてるんだろうと見てみると、特に漏れてる箇所はわかりませんでしたが、一ケ所エキマニをエンジンに固定しているスタッドボルトのナットがゆるゆるに弛んでいました。とりあえず締めれるだけ締めておきましたが、排気漏れの音は特に変わりませんでした。

ついでにエンジンオイルの量を見てみると、結構少なめでした(HとLの中間くらい)。まあ問題はないんでしょうが、私はいつもHのラインに合わせるようにしているので、継ぎ足しておきました。

この時はじめて気付いたんですが、フィラーキャップからオイル入れてもすぐに落ちていかないもんなんですかね?

なんか下に落ちずにカムシャフトの外側にオイルが溜まって、カムシャフトがひたひたになるくらいな感じです。エンジンをかけたら下に落ちていくのかと思ってかけてみましたが、キャップを開けてたらカムがオイルを叩いて、オイルがえらく飛び散ってしまいました(笑)

おまけに思いっきり泡立ってる…(-"-) 

結局福岡に戻ってみたら、カムシャフトのところのオイルは下にいってたみたいです。430の時はそんなにシャフトの部分にオイルが溜まった記憶はないんだけどなあ〜。今度430で確認してみないといけないです。

 

帰りも比較的のんびり走行。

途中玖珠〜日田間で黒っぽい色のサンクと遭遇したりしました。最初「なんかサンクっぽいテールランプだな〜」と思いながら近付いていくと、やっぱりサンク。なかなか調子良さそうに走っていました。

 

福岡について天神北で都市高速を降りた頃にはやはり停車時に1速に入らない。少しでも動いてたらすっと入るんですが…。

この症状はいやですね。信号が青に変わって何回トライしても入らない時は、しょうがないので無理矢理入れてますが、「ごりっ」という本当に気が滅入りそうな感触です。このままじゃあ、ミッションにも悪いし精神的にはもっと悪いので、早くなんとかしたいです〜。走り始めで冷えてる時はなんともないように入るんですけどね。30分も走るとだめですね。

 

最近じゃ、「どうせレリーズベアリングももう痛んでるみたいだし(だんだん音が酷くなっている)、ミッションを痛めるよりいいや」てな感じで、停止前に1速に入れて停まっている間はず〜っとくらっち踏んでます。

これ、最初はいいんだけど、街中を30分も乗ってると、だんだん左足がぷるぷるしてくるのよね〜(笑)


らくだ庵ホーム愛馬の部屋おいでマセ・八幡様の最近>2002年3