らくだ庵ホーム愛馬の部屋おいでマセ・八幡様の最近>2003年4


やっと八幡様の最近(笑)

2003年4月23日


□ タイベル異音再修理・アッパー/ロアホース 40,263Km

※20030717 写真を追加しました

さて、タイベルの異音で修理からあがってきたもののすぐに音が再発した八幡様。
その時ににはどうすることもできず、次の日のベラマッキナの大分へのツーリングに参加したもののやはり心配をかかえていては思いっきりドライビングを楽しめませんね…。

 

次の週末に再度入庫しました。入庫した際にはなぜか音が消えていたのですが、原因を追求してもらうことに。

 

しばらくして、EVから電話があり原因が分ったとのこと。音自体はタイベルとカバーの干渉によって発生していたんですが、ではなぜ干渉するのか、という根本的な原因がありました。タイベルテンショナーの土台部分がだめになっていたようです。 このせいでベルトが振れて、タイベルカバーや他の場所で擦れていたようです。

この部品、テンショナーサポートという部品なのですが、以前は単品で出てた感じなのですが(国内)、「テンショナーキット」というセットに変更になったようで、結構な値段です。そこでいつものごとくMIEに見積もりをとってみることに。ついでに気になっていた部品なんかも取り寄せることにしました。MIEでも同じ品番でキットで入手することができました。(MIEではおそらく単品でいけるのではないでしょうか?)

この辺りの部品ですね

 

注文したパーツは以下の通り

MIE
・COMPLETE UPDATED TENSIONER(タイミングベルトテンショナーキット) #31102005
・CRANK PULLEY  #452024902 (今回未使用)
・DOWEL  #311020310 (今回未使用)
・LEFT EURO MKR LAMP(A)  #393150133 (今回未使用)
・TWO PIN BULB HOLDER  #313120405 (今回未使用)
・CARB THROTTOLE CABLE(B)  #318220009 (今回未使用)
・PIPE  #314020107-UP(ロアホース用パイプ・金属部分・国内/MIEとも新品は欠品で中古美品を購入)
・B.T.2500 WIRING SCH.  #REF-320 (ビトルボ用配線図)
・86 SPYDER SPARE PARTS MANUAL  #REF-340 (ビトルボスパイダーパーツマニュアル)(hayaseさん用)
・PLUG WIRE SET  #313220213 (hayaseさん用・インジェクションモデルと共用?コイルケーブルが2本ついてました)

国内
・アッパーホース
・ロアホース
・サブタンクホース
・サーモスタット
・ガスケット
・ホースバンド
・ACデルコ デキシクール

 

タイベルテンショナーキット
ロアホースの金属パイプ
その他の部品

これ以外にクランクプーリー用のボルトとワッシャーも注文してたんですが、Stuartさんが梱包し忘れたので届きませんでした(笑)。まあ結果的にクランクプーリーが外れず、交換は見送ったので不要になったので結果オーライって感じでしたね(^ ^;;。

久しぶりにMIEにパーツを注文したんですが、やはり早いですね。週末を挟んだのと、私がいろいろ悩んだりしたので正式な注文まで1週間くらいかかりましたが、注文した1日後くらい(4月11日(金))に「発送した」とメールがあって、14日(月)にパーツが手元に届きました。そこで火曜か水曜日にバージョンにパーツを持込むことができました。

テンショナー以外に今回同時に行ったのは、まだ交換していなかったアッパー/ロアホースとサーモスタット。ゴムの部分は国内価格もMIEもほとんど変わらない(国内の方がわずかに安いかも…)のでこちらで手配しました。

その週末にクルマは仕上がったのですが、私の都合で取りにいくことができず、次の週の水曜日に会社を早く出て八幡様を受取ったのでした。

これでやっと精神的によくないあの音が消えました。

 

 

ロアホースの金属パイプは錆び錆びになっていて、今回交換しててよかったです。ちなみにこのパーツ、国内でも欠品で、MIEでも新品はなく中古部品を購入しました。取り外したパイプは、hayaseさんが「自分のも心配だから自作するかも」とおっしゃっていたので渡しました。格好良いのを自作してくれないかな〜と密かに期待しています(笑)。後付けの水温計用のセンサーが取り付けられるやつとか…(^ ^;;


これじゃ漏れますね。(※20030717追加)

パイプの内側を見ると、泡のような形状の固い皮膜のようなものがびっしりとついていました。普通、こういう感じになるんですかね?ゴム部分の内側にはありませんでした。これまでにラジエーターの漏れ止め材かなにかを入れられたのかな〜?とか邪推したりしています。だとするとラジエーターの内部もこんな感じなんでしょうか。

泡が固くなったようなものが…(※20030717追加)
アッパー・ロア各ホースはこんな感じ(※20030717追加)

真偽のほどはわかりませんが、いずれにしてもあんまり良い状態ではなさそうです。真夏でもヒートはしないものの、430のように負荷のかからない状態(平地や長い下りとか)である程度の速度で巡行しているような時に水温が思った程低くならないのは、もともと詰まり気味なのかもしれません。今回それも気になってサーモスタットまで交換してみたのですが、変化は特にありませんでした。古いサーモスタットもちゃんと動作していたということなんでしょうか。ちなみに古いサーモには「01 96」と刻印がありましたが、1996年1月製ということ? 設定温度は80度のようです。

交換したサーモスタット
96年1月製?

 

 

さて、八幡様を受取った際に最近222Eのオーナーになったティフォー児さんの222に試乗させてもらいました。

関東のakiyamaさんから購入して、「akiyamaさんfukueさんが自走で納車に来た時にパワステホースが抜けて出火した」という強烈な洗礼を受けたのですが、その後の後遺症?でパワステからすごい音が出ていました。

とりあえずそんな状態だったのと天候が雨だったのとで思いっきり楽しめませんでしたが、それさえ治ればかなりいい個体ではないでしょうか。エンジンも軽く回るし、トルクフル。私の430と比べてすごくクルマの挙動が軽く(良い意味で)感じます。クラッチが軽いのが羨ましかったっす。今後が楽しみですね〜!

で、その後車検整備中のルノーさんの写真を取った後、ラウンジでしばらくティフォー児さん・かしきやさんと三人でおしゃべりしたあと帰路につきました。ティフォー児さんの222Eもいいけど、やっぱ私には八幡様、いいですなー(笑)。(別に自分に言い聞かせてるわけじゃないっす(爆))

 

 

さて、タイベルテンショナーサポート交換の効果ですが、ぴたっと音がなくなりました。そればかりか、おそらく気のせいだとは思うんですがエンジンが軽くなったような気がして結構満足しています。水回りの整備に関しては前述したようにあまり効果は感じられませんでしたが、ロアホースからの漏れはなくなりました。

テンショナーサポート1
テンショナーサポート2 見えにくいですがグリスニップル付きです
完成!

今回完治したタイベル回りからの擦れ音、実は430もしてるんですよね。同じ音なので復活の時には今回と同じメニューをこなさないといけなさそうですね。

 

 

・・・と、その前に。たまには430にも火を入れてやらないといけませんね(^ ^;;


らくだ庵ホーム愛馬の部屋おいでマセ・八幡様の最近>2003年4