らくだ庵ホーム愛馬の部屋おいでマセ・八幡様の最近>2003年7


やっと八幡様の最近(笑)

2003年7月30日


□ 八幡様が傷物に・・・でもめげずに補修(笑) 40,661Km

先日、hayaseさん邸で開催されたベラマキ直 方花火大会&BBQの帰り、八幡様を出そうとしてバックで頭を右に振ると、バリバリバ リ・・・といや〜な音が。

ちょっと厳しいかなーと思ってはいたんですが、真っ暗だったうえに注意力が散漫になっ てたようです。外にいた嫁さんやhayaseさんには音が聞こえなかったようなので、地面にあっ た厚手のビニール袋を踏んだだけかな?と思っていましたが、家について確認してみると、し っかりバンパーの樹脂パネルから下に深い擦り傷が・・・(涙)

 やっちゃいまし た・・・。

外装はボロボロの八幡様ですが、やはり傷を入れてしまうとショックは大きいものです。

別にバンパーだけだったので錆びる恐れはないのですが(爆)、7月30日に休みをとって家 にいたら比較的良い天気になったので修理してみました。

 

 

まずは当該部分にペーパーをかけます。耐水ペーパーを使って傷のでこぼこをならします 。水でぬらしながら、#120→#320→#800→#1000と荒いのから始めてだんだ ん目の細かいものを使用します。

 クレーター状に 塗装が剥がれてた部分もついでに補修。
 傷部分のアップ 。この状態からもう少し磨きました。

それにしてもこの部分の塗装って意外に厚く塗られてるんですね〜。

その後マスキングをして下塗りをしました。通常のボデー用のを使ったんですが、よく見 ると「バンパーにはバンパープライマーをご使用くださいとの文字」。まあ大丈夫そうですが ・・・。

 下地にホルツの プラサフを塗布。

下塗りが乾くと、ホルツの缶スプレーで色を塗ります。うす〜く塗るのを何度か繰り返し ます。色は以前なんとなく近そうな色を買っていました。「トヨタ車用179(T-39:ブルーグ レーM)」です。

ところが実際に塗ってみると結構違う色ですね。スプレーのキャップ部分にある色見本で はそこそこ近いと思ったのですが・・・。マスキングをはがす前はかなり好い出来に仕上がった かな?と思ったんですが、マスキングを外すと、かなり駄目っぽい。もっとマスキングする場 所を当該部分から離しておかないといけませんでした(^ ^;;

うまくぼかせた部分は目立たないんですが、ぼかしに失敗したとこは相当違いが目立ちま す(笑)八幡様のツートンの下周りの色は結構緑がかっているんですが、塗った色は名前の通 りブルーがかったグレーです。単体で見るとこれはこれでビトルボにぴったり来る色なんです けどね・・・。

 この状態だと完 璧に見えますが
 ブルーが強くて 結構違いが目立つ・・・(爆)
 見る角度によっ ては悪くないんですけどね。

試しに、近くで遊んでいた近所の子供に「どうね?」と聞いてみたんですが、色が違うこ とをすぐ見破られました。子供は正直です(爆)

 

 

本来、この上からクリアーを吹いてコンパウンドで磨かないといけないらしい(スプレーの缶にそう説明してある)のですが、今日はここまで。クリアー を持ってなかったので、夕方髪を切りにいったついでにナフコに寄って買ってきました。その 際にもっと近い色を探したのですが、陳列してある中にはなかったものの、ホルツの色見本帳 でなんだかよさげなやつをみつけました。「トヨタ車用6M7(T-37:ダークグレイッシュオリ ーブM)」。

オリーブとついてるだけあって今回使った「ブルーグレーM」と比較するとかなり緑が入っ ていて、いかにもぴったり。本来はマークUその他とかに設定されている色のようです。

早速、近くの店員さんをつかまえて取り寄せの手配をしてもらいました。メーカーにもこ ちら(九州?)には在庫がないらしく、少し時間がかかるそうです。 実物を試してみて色があえば少し多めに買い置きをしておくつもり・・・。 (実はリアバンパーの上面やボデーサイドの塗り直しを画策中・・・)

 

塗りなおした方が良さそうなので、到着するまでクリア吹くのは待つことにしましょう(^ ^;;

 


らくだ庵ホーム愛馬の部屋おいでマセ・八幡様の最近>2003年7