らくだ庵ホーム愛馬の部屋おいでマセ・的廬号の最近>2000年9月23・24日

2000年9月23・24日 Bella Macchina で走行会参加

Bella Macchina連絡掲示板はこちら

当日の全写真はこちら


9月23・24日  Bella Macchina第5回 オートポリス走行会参加レポート 註)長いです… 

9/23
昨日まで天気が悪く、当日も雨が残るかと心配されていたのですが、朝目覚めると良い天気でした。雨やったらクルマ洗わんでもよいけん個人的には少し期待してたのですが…(笑)

しょうがないので、ばたばたとクルマを洗って荷物を積んで出発です。集合はヨーロピアンバージョンに13時。途中嫁さんの用事を済ましてついでにレイクサイドホテル久山で昼食をとってバージョンに向かいます。少し遅れました。

茶器155さんや(美祢のフェスタボルケイノに行くはずだった?)RZ230(ギデッラ)さんも既に来ていました。茶器155さんとRZ230さんはサーキット走行にそなえてオイル交換を済ませており、半年もののオイルで走る私はちょっと不安になったりしました。しょうがないので、空気入れをかりて空気圧の調整だけしてみました。

とりあえずこの3台が夕方オートポリス入りです。後は夜到着のたけっぴさん、翌朝到着のgreenさんが今回のメンバーの予定。見送りにくるt-fuku145さんを待つ間、紅いクーペフィアットのクーペEさんを紹介してもらいました。彼は24日のAP入りです。めちゃ高いマグネシウムのホイールを拝ませてもらいました(^ ^;;

t-fuku145さんの到着を待つ間、バージョンでBella Macchinaの名刺を受け取ります。「おお、かっちょええ!」早速仲間同士で交換したり、クーペEさんやバージョンの人に渡したりして盛り上がります(笑)すぐなくなりそうな勢いでした。t-fuku145さんが到着していよいよ出発です。太宰府インターから日田に向かいます。途中基山のSAで軽く食事をとったあと山田のSAまで黒い155とランデブー走行となりました。SAでお話して勿論名刺も渡しました。

●写真:山田SAでのひととき 
●写真:高速道路走行中 
●写真:日田で給油 

日田を出ていつもの道を通り18時頃オートポリスに到着しました。 

●写真:オートポリスに到着 

とりあえずセントラルプラザでバージョンのスタッフの方々と合流し、次ぎの行動を待ちます。その間ジムカーナ会場となるプラザ前の広い駐車場でマックスターンとかして遊びました。 

●写真:駐車場で遊びます-的廬号 
●写真:サービスカット

その後宿泊&宴会会場のコテージに移動して荷物をおろし食事の準備です。で、今回の目玉オートポリスナイト走行は20時からなので食事はそれが終わってからになります。

●写真:昼の走行会昼食の残りも今夜のおかずになります 手モデルはバージョン、サービスのK氏のもの(笑) 

 

ナイト走行
さて、いよいよナイト走行ですが、出走は今回初めてお会いしたアルファロメオ156セレのファンタジア木村氏、茶器155氏、RZ230氏、マスターと嫁さん(同乗)、そしてペースカーとしてサービスK氏とM店長の乗った白のロータスエリーゼの5台です。

夜走れる(本コース!)だけでもすごいのにほとんど貸しきり状態です。すごいっす。走行時間は「ルマン24時間にちなんで24分!」とM店長が自慢げに言ってた通り(笑)30分くらいでした。

エリーゼK氏、RZ230氏、茶器155氏、マスター、ファンタジア木村氏の順にコースに入ります。コースは勿論照明はつけてもらえないので、想像以上に真っ暗です。一般道では十分に明るい的廬号のライトも漆黒の闇に吸い込まれるような感じです。特に右側横への配光がローでは全く不足しており縁石が分からずラインが非常にとりにくいです(ハイビームにするとサイドも見やすいのですが…)

エリーゼについて2周した後、ストレートでRZ230氏がエリーゼを抜いて独走体制に入りました。それを見たマスターも茶器155さんとエリーゼを抜いて(この時だったかな?)RZ230氏をおいかけます。が、しばらくすると見えなくなっちゃいました…。後ろにはファンタジア木村氏。

で、こうやって走りだしてすぐ、3コーナー目くらいのきつい右コーナーを立ち上がろうとしたとき、なんと野うさぎが飛び出してきました。驚いて一瞬かたまったうさぎと目が合います(汗)「きや〜!」と嫁さんの悲鳴が車内に響きわたります。マスターも「うを〜!」と必死で回避します。(本当は危ないんでしょうが、あんなかわいいうさぎを曵いた日には夜も眠れなくなりそうです…あ、でも其の後でちゃんと食べれば良いのか…ナイフとかも持って来てたし)

ぎゃぎゃぎゃーとタイヤが悲鳴をあげ尻が左に流れます。しかし流石は野生のうさぎ、進行方向に少し逃げたあと横に行ってくれて、ひくことは免れました。的廬号は尻を左に流した後揺り返しで若干右に流れましたがそのまま立ち直ることができました。しっかし焦ったぞい。

後ろに来ていたファンタジア木村さんも驚いたことでしょう(^ ^;; その直後の右コーナーでは、このショックでちょっと挙動不安になりましたが、その後はなんとか立ち直りたんたんとラップを重ねたのでした。しかしRZさんには追いつけんやった…。

走っている方はたんたんとしてたのですが、実はストレートのコンクリートバリアの上ではM店長とK氏がなんとかチェッカーに気付いてもらおうと悪戦苦闘してたようです。チェッカーフラッグをそのままふっても誰も気付かないので次はチェッカーを懐中電燈で照らしたようですがこれも気付いてもらえず。

最後に走行車にむけてライトを点滅させてやっと気付いてもらえたのでした(^ ^;; でも本当にぜんぜん見えなかったですよ〜。はじめは「みんな大人やから時間になったらちゃんとピットに入ってくるやろう」と思ってたら甘かったらしいです(笑)御苦労をおかけしましたm(_ _)m でもこんな経験させてもらって嬉しかったです!また実現してくださいね!(え、もう二度としないって?(笑))

 

宴会ステージ
さ〜て次は待ちにまったコテージでの宴会ステージです。M店長の「男の手料理」が私達を待っています。今夜のメニューは「水炊き」(^ ^;; コテージのまん中でキャンプ用のコンロに鍋を乗せて車座になって水炊きをつつきます。おいしかったですよ〜!ご馳走様でした。

メンバーはお客さん?チームはファンタジア木村さん、茶器155さん、RZ230さん、マスターと嫁さん、バージョンチームはN部長、M店長、サービスK氏、営業N氏の合計9名。これにたけっぴさんが来る予定なんですが、まだ来ません。

結局たけっぴさんが到着したのは夜10時過ぎでした。なんでも日田インターをあっというまに通りすぎてしまい、湯布院インターまで行ってしまったらしいです(^ ^;; ?00kmで走ってたんと違いますかあ?その後も道に迷ったりして大変だったようです。お疲れさまでした。

腹一杯食べて、酔いも回ってくるとM店長のトークショー(笑)も一段とパワーアップしてきます。ふだん聞けないような、ここではかけないようなネタで盛り上がりながらオートポリスの夜は賑やかにふけていくのでした…。

 

24日
目が覚めると隣に寝ていたたけっぴさんの姿が消えていた…。

「今何時かな?」と時計を見ると8時前。もしかしてGカップを乗りこなす体力作りのための日課のジョギング? 流石385PSは伊達じゃないじぇ!と思ってふらふらと皆が雑魚寝している部屋にいくと、オリンピック女子マラソンの放送をN部長と観てるとこでした…。

●写真:清々しいある朝の風景(笑) 

女子マラソンは絶対観たい!といっていた嫁さんを起こしてしばらく皆で観戦。ほどなくコースでカートの走行が始まって私は外にでてそっちを観ました。外はめちゃ寒かったです。秋ですなあ。ちょうどコテージは長い下りのストレートを降り切った後のコーナーの横にあり、結構迫力のある走りを見ることができました。 

●写真:イタ車濃度の濃い駐車場 

さて、マラソンも高橋選手が金メダルをとって無事に終わり、部屋を片付けてセントラルプラザに向かいます。

走行会の受け付け準備をバージョンのスタッフの方々が行うなか、のんびりとした時間がすぎていきます。受け付けを済ますとジムカーナ会場になる駐車場でRZ230さん、茶器155さん、ファンタジア木村さん、たけっぴさんが走り回ります(^ ^;; マスターはあまりクルマがあったまっていないのでやめときました(^ ^;; 

そうこうするうちにだんだん本日の参加者が集まってきました。3200GTのフンギボルチニさんもご夫婦でいらっしゃって、早速Bella macchinaの名刺を渡して勧誘です(^ ^;; ここでたけっぴさんがオリジナルで作ったマセのトライデントのステッカーを売り捌いていましたが、マスターは2枚、フンギボルチニさんはなんと10枚も買ったようです。

しばらくすると予定より少し遅れてgreenさんも到着です。お会いするのは初めてだったんですが、「もっと渋い人かと思っておりました」とのインプレをいただきました(笑)。どんな風に想像されていたのか謎です(^ ^;; 

●写真:greenさんの美しいギブリ 
●写真:たけっぴさんGカップ号 
●写真:クーペE氏のクーペフィアット 
●写真:ファンタジア木村号 
●写真:走るファンタジア木村号 
●写真:走るRZ230号 
●写真:走るRZ230号その2
●写真:走る茶器155号

皆さん思い思いに準備をしたりおしゃべりしたりしてる時に茶器155さんのクルマに異変が起こりました。なんとラジエターの下あたりでクーラントが漏れています。

●写真:茶器155号にトラブル発生!

サービスのK氏に診てもらいとりあえずジムカーナには出て様子をみながらサーキット走行をどうするか、ということになりました。う〜ん、ここまで来て残念です。

ランチタイムが終わると、ジムカーナがスタートです。まず一周コースを覚えるために皆で連なって完熟走行を行います。

●写真:完熟走行中のマスター、後ろに茶器155さんの155が見えます 

完熟走行が終わるといよいよ開始です。マスターのゼッケンは11番で、なんと11番が先頭の数字だったのでマスターが最初です(^ ^;; 結果は…。

一回目は身体とクルマを暖める意味でゆっくり走りました。タイムは一ケ所ミスコースもして1'14"76。その後すぐに2回めの走行に入ります。後は休み休み走って、結局エリーゼを借りて走った一回も含めて合計6本走りました(笑)

タイムは順に的廬号で1'14"76---1'10"11---1'10"26---1'09"65---1'09"04でした。ちなみにエリーゼで走ったときは、スラロームの入り口でギヤがNに入って失速したにもかかわらず1'07"87とはるかに的廬号よりも速いタイムだったのにはおどろきました。 

●写真:激走中の的廬号(^ ^;; 

見るのも走るのも楽しいもんですな>ジムカーナ。RZ230さんも茶器155さんも楽しんだようです。17時からの本コースの走行会の少し前までみな思い思いにジムカーナを楽しむことができました。本コースの走行会では最初の3周は同乗走行が可でした。うちの嫁さんは昨年の走行会で同乗して酔って気分が悪くなったので今回は乗らないことになりました。そのかわりバージョンのK氏とN氏(だったかな?)が的廬号に同乗しました。ところどころでライン取り等を教えてもらえありがたかったです。

さて、3周のファミリーランの後はフリー走行です。今回は台数も少なく間をおいてコースインしたので前後のクルマも少なく自分なりの走行が楽しめました。今回はなんと、サーキットで初めて「追い越し」を経験しました。2台抜いて「もしかして俺って速くなったんやろうか!?」と自惚れたのもつかの間、後ろから来たレガシィワゴンにぶち抜かれてしまいました(^ ^;;

しばらくついていこうとがんばりましたが、だんだん離されていき、最後は見えなくなってしまったToT。しかし、今回タイム計測はなかったんですが、たけっぴさんがタイムを測ってくれていて、2'49"と前回の自己ベストを3秒縮めることができました(^o^v 

初めはファミリーランだけ走って後は観戦しようといっていたのに結局最後まで走ってしまいました。その後、セントラルプラザに戻り、終わりのミーティングがあって、解散し、楽しかった2日間に幕が下ろされたのでした。

●写真:終わりのミーティング 
●写真:帰りの準備 
●写真:夕陽を浴びてローダーに積まれる茶器155号 
●写真:夕暮れや 戦い済んで 的廬号  
●写真:サービスカット(^ ^;;

さて、帰りはお楽しみの山岳セクションを抜けて日田インターから高速にのって帰路につきました。先頭のマスターは知らなかったのですが、インターを抜けてすぐの時に後ろでたけっぴさんとgreenさんはポルシェとバトルをしていたそうです(^ ^;; 見たかったなあ〜。山田のSAで分かれた後、まずたけっぴさんとgreenさんは?00km巡行で帰ったらしいです。RZ230さんもすぐに見えなくなりました。マスターは茶器155さんを乗せてのんびりと福岡まで帰りました…。

最後になりましたが、参加したBella Macchinaの皆さんお疲れさまでした!そして、ヨーロピアンバージョン・エムズユーロのスタッフの方々、本当にありがとうございました。思う存分イタリアンな休日(笑)を楽しむことができました。お疲れ様でしたm(_ _)m。


らくだ庵ホーム愛馬の部屋おいでマセ・的廬号の最近>2000年9月23・24日