1999年9月 車検のためにドック入り

さて、的廬号がわが愛馬となってはや2年が経とうとしています。前のオーナー(何を隠そう例のM氏)が手放す少し前に車検を通してたので当然、そろそろ車検の季節です。

10月上旬が車検なので、その期限の1週間ほど前にいつもお世話になっているE社に持っていきました。まあついでに気になる所をいろいろ直しとこうと思い、気になるところをメニューにして持っていきました。

車検めにゅう
○は必須、△は予算に余裕があれば、▲は自分で作業、※はできればしたい

エンジン
○タイミングベルト交換
○同テンショナー交換
○エンジンオイル交換
○エンジンマウント交換
△ヘッドカバーガスケット交換
△センサー類チェック
△プラグ交換
オイル漏れ・にじみチェック
※エンジンのレスポンスアップ
※スロットルを軽くする
※触媒外し(勿論車検通った後(^_^;

冷却系
○冷却水交換
○リザーバータンク交換(すでに注文して入荷していたもの)
○冷却系ホースチェック

ブレーキ系
○ブレーキフルード交換
△マスターシリンダOH
△ブレーキホース交換又はチェック
△ブレーキキャリパーチェック

点火系
○デスビ周りチェック

電気系
△リレーコネクター部交換

吸気系
○エアークリーナーチェック又は交換

燃料系
△燃料フィルターチェック又は交換

ミッション
○ATF交換
△ストレーナー交換

デファレンシャル
○デファレンシャルオイル交換
○デファレンシャルチェック

パワステ
▲パワステオイル交換

これを、サービスのS氏にみせて打ち合わせしました。まあ、当然これだけ全部しようと思ったらかなりの金額になるので後は的廬号をあづけて、「どうしても」とか「これはしておいたが良い」というものをピックアップしてもらうことにしました。S氏にはいつも忙しい中、いろいろと相談に乗ってもらい感謝してます。なんせ、話しが盛り上がって気付くと1時間以上たってたなんてことが度々あります。仕事のじゃましてすみません。

それと、当然ながら、
「うちでは触媒は外せませんよ〜」と釘をさされてしまいました。
う〜ん、いけずう〜。

まあ、そんなこんなでとりあえず的廬号をあづけてきました。しばらくの間お別れです。どうなるか楽しみです。この車検に備えてプールしてた軍資金で足りればよいのですが・・・ちょっと不安です。


戻る