らくだ庵ホーム愛馬の部屋燦々サンク>ルノーさんの最近・2003年8月23日


8月23日
□ フロントタイヤ交換 
51,992Km

ルノーさんのタイヤは工場出荷時に装着されたミシュランのMXT(?)がついていて、購入後半年くらいでリア左がバースト、二本をブリヂストンのB650AQに交換しました。そのBSのニ本をフロントに使用し、残った古いミシュランはリアに使用していました。

その後今年の4月の車検時にローテーションされててミシュランがフロントについていました。確かに溝の深さはこちらの方が残っていました。溝が残っているとはいえゴムが硬化してて減らないだけなようです(爆)

 

 13年もののミシュランの姿〜よく頑張りました
 溝は全然減らないのですが・・・

 

本当は梅雨前には交換するつもりだったんですが、だらだらしてるうちにこんな時期になってしまいました。ある時ふと気付くと、ヒビが酷くなってるような。もともとヒビはたくさんあったんですが、ゴムの劣化が激しくいつのまにかタイヤ中にさらに無数のヒビが発生していました。

おまけに最近空気を入れても減りが早いような気もして、ちょっとやばそうな気がして交換することにしました。これで、F1で対決している2社が一台のクルマで共存するという変な体制に終止符が打たれましたね(爆)。「ルノーならミシュランだろ!?」という声もありますが、このミシュランも全然悪くなかったんですが、個人的にはやはりBSがいいっす(爆)

 

 サイドウォールもこの通り・・・
 この亀裂が全周に・・・

 

 

購入&交換作業は今回も八幡様的廬号の時と同様にブリヂストンタイヤサービス福岡東店でお願いしました。午後からは用事があったので休日にしては早起きして午前中に行ってきました(^ ^;;

銘柄はリアと同じB650にするつもりでしたが、Bシリーズの主力商品はちょっと前までオリバー・カーンがCMに出てたBstyleになってるようでB650はカタログでも隅っこに小さく紹介されてるだけ。話しを聞くとB650をグレードアップしたのがBstyleとのこと。AQ DONUTSも2に進化してるしで、これにすることにしました(笑) 

あ、ちなみに今回はフロントの2本だけ交換です(サイズは純正通り165/65R13。ちなみに速度記号は13インチはS(180Km/h)ですが、180Km/hも出ないから十分ですね(笑)・・・でも、カタログによると、Bstyleは旧B700AQ比で転がり抵抗が約10%低減されてるらしいので、ルノーさんの最高速も少しアップしないかな〜(^ ^;; )。最近なにかと出費が嵩んで懐が冷夏になってます・・・(爆)

 

 Bstyle。トレッドパターンが650とは変更されてます。
 新旧比較(あんまり分からない?)
 2003年の第31週製造ということは7月中旬製造ですね。

 

リアのB650はほぼ3年、約45,000Km走って残溝はぎりぎりとはいうもののまだもう少しはいけそうだしひび割れもまだないので、もうしばらく使えそうです。FF車のリアだから大丈夫だとは思います。

 

 

さて、交換後のインプレッションは・・・。

・乗り心地が激的に向上: ゴツゴツしていた路面の荒れなどを通過する時のショックの角がとれて当りが丸くなった感じ。

・静かになった: ロードノイズが少なくなった。乗り心地の向上と連動しますが、結果的に車内やボデーのきしみやガタの音も少なくなって静かに。

・操舵力が軽くなった: 通常走行中は違いは分かりませんが、車庫入れ時などの微速時のステアリング操作が非常に軽くなりました。

・直進安定性の向上 最近なんとなくクルマの挙動が落ちつかずふらつくような感じがしてたのがおさまりました。新しいタイヤになってサイドウォールの剛性が上がったからでしょうか?

 

前回交換したときより体感効果が大きいのは、それだけ古くなったタイヤの性能が落ちていたということでしょうね。前回の時は乗り出して間もない頃で当時すでに10年もののタイヤとはいえ、屋内保管+低走行距離ということでまだタイヤの性能としてはかろうじてキープできていたのかもしれません。

 

 

これだけ体感できる効果が大きいとお金払って交換した甲斐があるってもんですね(^ ^;;

 


らくだ庵ホーム愛馬の部屋燦々サンク>ルノーさんの最近・2003年8月23日