らくだ庵ホーム愛馬の部屋燦々サンク>ルノーさんの最近・2003年10月19日


10月19日
□ なんとなく調子が悪いと思ったら… 
54,860Km

先日タイヤ交換して以来、かなり久しぶりの更新です。

と、いっても別に更新をさぼっていたわけではなく、ここ2ヶ月近くヘッドライトのバルブを交換した程度で後は何にもなかったわけです(笑)

仕事が忙しかったり、嫁さんの具合が悪かったり、お犬様の具合が悪かったりして大変だったんですが、おかげでなんとかこなすことができました(^ ^;;

 

 

ところが最近、なんとなくエンジンの調子が悪いような気がしていました。特に酷い症状はないんですが、以前より振動が増えたり、エンジン音ががさつな感じになったり、加速が悪いような気がなんとなくしていました。「ルノーさん本来の滑らかさがなくなったような感じ」といいましょうか…。

で、この日の朝、嫁さんを会社まで送っていったあと、お犬様の様子を見に実家にいった時に、「そういえばここしばらくボンネットも開けてなかったな〜。」と思って、ボンネットを開けてクーラントのレベルのチェックなんかしていました。

 

 

チェックの目をプラグコードに向けた時それを発見しました。

 

もともとルノーさんの一番シリンダーのプラグコードは取り回しに対して長さが微妙で、これまでも若干ぐらぐらしてたんですが、チェックするとこれまでにないくらい激しくぐらついています。挿し直そうとして引っ張るとなんの抵抗もなくスルッとプラグコードが抜けました(^ ^;;

全く嵌ってなかったようです。

 抵抗なくスルッと抜けてしまいました。どこが間違いか分かりますか?

一気筒死んだ状態で走っていたのでしょうか…

 

 

「振動で外れたのかな?」と思ってよくみると、プラグの先端にねじ込まれている端子がなくなってネジだけになっています。(バイクではこの状態にしてからケーブルを挿すタイプもありましたね(笑))

端子はもちろんプラグコードの中(爆)

 端子がこんなところに(爆)困りました。

 

この端子を外さないといけないわけですが、実家には工具がない(涙)しばらく困りましたがいい方法を思い付きました。プラグコードをクルクル回して(もちろんコードはフリーにしてねじれないようにします)端子をネジ山にもう一回ねじ込んでからコードを抜けば良いのです。試してみるとうまくいきました。

緩まないように車載工具のプライヤーで締めておきます。

 うまく抜くことができました。

 

 

念のため他のプラグもチェックすると…

 

 

2番と4番のプラグの端子も思いっきり緩んでいました。こちらもプライヤーで端子を増し締しておきます。

 これが自然に緩んだのは初めてでした(^ ^;;

 

 

その後ルノーさんを運転したんですが、かなり効果絶大でした。エンジンは非常に軽く&滑らかになり、トルクがアップしたような感じで、スピードのノリが違います。元のルノーさんに戻ったようで嬉しいですね。

 

 

ここは定期的にチェックした方が良さそうです…

 


らくだ庵ホーム愛馬の部屋燦々サンク>ルノーさんの最近・2003年10月19日