らくだ庵ホーム愛馬の部屋燦々サンク>ルノーさんの最近・2004年1月24日


1月24日
□ ATF漏れ修理 
54,860Km

随分久しぶりの更新です…(^ ^;;

 

昨年末に発見して、だんだん酷くなっていたATFの漏れ。 昨年の12月の初めまではそれほどでもなかったんですが、年が明ける頃には結構もれるようになってしまいました。ATの下の地面には直径30センチくらいの滲みが…。

 

1月10日にバージョンでチェックしてもらうと、予想していたオイルパンのガスケットからではなくATミッションについているパーツから、ということでした。

年末から年明けにかけてATFの減りも酷くなってきていて、ミニマムレベルを下回っている感じ。取急ぎバージョンで補充はしてもらいましたが、出産を控えて忙しい&出費が嵩むこの時期にATが壊れたら洒落になりません(本当は時期は関係ありませんが(笑))。早く治したかったので、すぐに見積もりを出してもらうことにしました。

 ATFのレベルミニマムレベルを下回っている

数日後、サービスのM氏から見積もりの電話が…。問題のパーツの価格を聞くとパーツ代だけでなんと26,000円!あまりの価格にM氏もびっくりしてました(^ ^;;

そこでいつものごとくIBER PARTSに見積もりすることに。メールで問い合わせをするとすぐに返事がありました。今回は問題のパーツと、少し前に折れてしまったリアシェルフの留め金(プラスチックパーツ)でした。1月15日に発注して22日に到着しました。今回は少し時間がかかったかも。

77 00 714 199 ..........Euros 34.81(ATにつくパーツ)
77 00 792 362 ..........Euros 1.46 X 2 = Euros 2.92(リアシェルフの留め金)

 今回のパーツ
 一緒に取り寄せたリアシェルフの金具

 

 

そのすぐ後の土曜日(24日)にルノーさんを持込んで修理してもらいました。

パーツを取り替えて、その際に少し漏れたATFを補充して終わり。作業自体は1時間もかからずに終わりました。

このパーツ、どういう機能をするものか結局分からなかったんですが、御存じの方がいらっしゃったら教えていただけたら嬉しいです(^ ^;; AT側の突起は前後に可動するようになっていて、外側のパイプにバキュームホースがつながっています。負圧でなにかをコントロールしているんでしょうか?

 作業風景
 取り外されたパーツ
 この奥にあるパーツです

実は交換後気のせいかルノーさんがキビキビ走るようになった気がします。特に変速が交換後と比べると前はもっさりしてたんじゃないかと思うほど変わりました。ATFはここ1年の間に2回くらい入れ替えてるのでATFが新しくなったからじゃないと思うのでやっぱあのパーツを換えた効果なのかなあ?

 

 

バージョンから戻って、リアのシェルフの金具も交換しておきました。ここは折れた古いパーツを外してから新しいのを差し込むだけでした。特に折れていたからといって不具合があったわけではありませんが、きちんとなると気分がよろしいです(^ ^;;

 折れた金具
 部品を外した所
 新品交換後

 


らくだ庵ホーム愛馬の部屋燦々サンク>ルノーさんの最近・2004年1月24日