らくだ庵ホーム愛馬の部屋燦々サンク>ルノーさんの最近・2004年3月13日


3月13日
□ キックダウンするんだ〜(・o・)汗 
59,700Km

皆さんのサンク(AT)、キックダウンしますか?

 

 

キックダウン、そう、アクセルを踏み込んだ時にATが勝手にシフトダウンしてくれるアレです。うちのルノーさん、もうすぐ4年が経つんですが今まで一回もキックダウンした記憶がないのです。

以前、国産のATはすぐにキックダウンしてエンジン回転が上がる・・・と書いた記憶がありますが、それに比較してルノーさんのATは味付けが違うんだな〜と思っていました。

当然、ベラマキのツーリングにルノーさんで参加したときも、キックダウンしないので、手動で2速に落としたりしていました。

ところが、先日の久々のベラマキのツーリング、マセは八幡様、的廬号とも車検を通しておらずルノーさんで参加したんですが、やはり3速のままでは登りは苦しく、かといってここで2速に落とすのも、ミッションに悪そうだな〜と思いつつ、気ばかり焦っていつのまにかアクセルを床まで踏み込んでいました。すると…。

 

 

コンっという軽いショックと共にシフトダウンするではないですか!

「あれ?こんなの初めてだぞ」と何回か同じようにしてみるとやはりシフトダウンします(笑)

 

 

ただ、床まで踏み付けてもシフトダウンしない時もあるようで、これはキックダウンケーブル?の調整が必要なのかな?という気もします。

ルノーさんに限らず私はもともとアクセルを床まで踏み付けることはほとんどないので今までキックダウンすることに気がつかなかったのか(これならおそらくキックダウンケーブルの調整不良ということでしょうね)、それともひょっとすると、先日交換したパーツが実はキックダウンを制御しててそれがこれまで不調だったか、ということくらいしか原因は分かりません。そうだとすると、交換後なんとなくきびきび走るようになったことにも納得がいくような気がします。

考えてみると、件のパーツはバキュームホースにつながって、なんらかの制御をしてるようなので、エンジンに負荷がかかったときにはこのパーツが元になってキックダウンする…というのも十分推測できそうな感じはします。もしそうだとしたら、思ってもみない福音。
だってATFが漏れてなかったらまず交換なんて考えないパーツでしたから。

 

 

しかしキックダウンするってめちゃ便利ですな〜(爆)

おかげで、帰りのファームロードでは、前走者に阻まれて離れてしまった皆さんを追いかけてる際に、マセでも出したことがないような最高速度をマークしました(笑)

 

どのくらい出たかはヒ・ミ・ツ。

 

  ベラマキツーリングのひとコマ(A1402Sで撮影)

 


らくだ庵ホーム愛馬の部屋燦々サンク>ルノーさんの最近・2004年3月13日