らくだ庵ホーム愛馬の部屋燦々サンク>ルノーさんの最近・2004年7月31日


月31日
□ エアコンガス補充(134HFC) 
61,380Km

夏対策第二弾です(笑)

うちのサンク、エアコンの効きが悪く過去に一度ガスを補充してもらいましたが、やはりイマイチのまま。ブロアの風量も弱いしこんなもんなのかな〜と思いつつも、レシーバータンクの窓を見ると、真っ白に泡だっているし、吹き出し口から出る風もそこまで冷たくない。

  このように真っ白に泡立っている状態(再現映像(笑))

「こんなもんじゃないよな〜」と、秘密基地に寄った時にS氏に見てもらいました。

やはりガスが足りてない。ということになり補充してもらうことになりました。

サンクのエアコンは本来はR12なのですが、乗り出したのが2000年なのとR12は入手してなかったためとりあえず134HFCというガスを補充してもらいました(とはいえ、新車のままバージョンにあったルノーさん、コンプレッサーには当然当時からのR12が入ってたはず。納車時に一度抜いてから新たに冷媒を入れるとは考えにくいし、補充もしてない可能性も…。前回補充したのはおそらくR134ではないかと想像される。そして今回は134HFC。これで大丈夫なのだろうか…。レトロフィットなどしなくても大丈夫という話もあるようですが、それもR12をきちんと抜いてから入れることが前提のようだし…。ちょっと心配。)

圧力は以下の様に設定されていました。

高圧15KG
低圧3〜4KGの間
1缶〜2缶補充しました。

補充後しばらくエアコンを動かすとレシーバータンクの泡が正常に変化。(^o^)/

  ガス補充後はばっちりな状態に(実際はもうほんのちょっと泡が目立つ感じ)。

 

 

残念ながら帰りは夜だったので、冷えのチェックはできませんでしたが、心なしかいつもより冷えるような気がしました。 後日嫁さんが炎天下の日中に乗った時の状況を聞いてみると「確実に前より冷えるようになった。風量1で十分だった。」とのインプレ。素晴らしい(ToT)

その後私も乗りましたが、確かに冷える。真夏の炎天下での運転もなんとかなる。これは快適ですね。

RZ230氏から「R12が冷える」と聞いて、替える(元に戻す?)つもりでしたが、懐だけは涼しいことだし、しばらくこれで様子見てもいいかな〜という気持ちになります(^ ^;;

前回に引き続き、S氏にいろいろエアコンのことを教えてもらいました。室内ファンの風下にあるエバポレーターの掃除もするという夏休みの課題もでました(笑)風量が弱いのはエバポが詰まっている可能性もあるとのこと。ただ、ファンモーターを外したとしてもエバポレーターは露出しないので、掃除はちょっと大変そうです。(といいますか、「どうやってこんな所に後付けでいれたんだろうか?」というような設置のされかたですよね。おまけに室内ファンを動かした時に外から吸い込まれる空気の流れは、バッテリー横のウォッシャータンクの辺りから吸い込まれているので、「バッテリーから出たガス?が車内に入って来ていることにならないかな〜?」と心配になりました。バッテリーからどの程度ガスが出ているのかは全く知りませんが、ガス抜きの穴がついてるので多少は出てそうですし、身体にも悪そう…(^ ^;;)

そういえばコンデンサーも冷えきれていないようです。ここについては「夏休み対策3.」のGTTグリルを装着するとなんとかなるかもしれません。(とはいえ現時点(8/29)でまだ装着できていません。夏が終わっちゃうかも…)

 

 


らくだ庵ホーム愛馬の部屋燦々サンク>ルノーさんの最近・2004年7月31日