らくだ庵ホーム愛馬の部屋燦々サンク>ルノーさんの最近・2004年8月11日


8月11日
□Fブレーキパッド交換…しかしとんでもないことが! 
61,461Km

それにしても暑いですね〜。

福岡でも10年ちょっと前までは33度とかでたまげてましたが、ニュースの天気予報では平気で35度、36度という最高気温が予想されています。異常ですね。身体にもあまり良くないと分かりつつ、家に居ても一日中エアコンつけっぱなし。7月の電気代も目が飛び出ましたが、8月はさらに凄い事になりそうです(汗)

久しぶりにきれいに洗車&ワックスをしたついでに久しぶりにホイルカバーを洗った際、「どうせ外したんなら、パッドのチェックでもしとくか…」と思い、えっちらおっちらホイールを外して見ると…。

 

 

危なかったです。パッドがほとんど残ってませんでした(笑)。おまけにパッドについてるセンサーもかなり削れてます。警告灯はつかなかったけどなぜでしょうか?

見なかったことにしてホイルを元に戻すわけにもいきません。すでに夕方、日も徐々に傾きつつありましたが、急遽パッド交換作業に突入。パッド自体は先日IBER PARTSから取り寄せておいたのですが、正解でした。

フロントブレーキパッドセット(BENDIX) #77 11 130 034

前回も同じものを装着して、ほぼ3万キロでなくなった計算です。見た目はあまり良さそうではないですが、とりあえず街乗り+ツーリングくらいなら、効きその他は大丈夫です(^ ^;;

サンクのパッド交換は特にキャリパーのボルトを外したりせずに可能です。パッドを留めているプレートの割ピンを抜いてプレートを抜くとパッドが外せます。ピストンを押し戻して(これがかなり大変…)パッドの位置決め用?のスプリングを新しいパッドにつけ替えて(この正しい付け方を失念してちょっと苦労しました。今回きちんと写真を撮ったので次回からは問題ありません(^ ^;;)新しいパッドを装着(パッドの向きに注意が必要。パッドセットに説明書が入っています。)し、脱落防止プレートを差し込んで割ピンをつけて完了といった流れです。

 

 

  パッド部分が殆どなくなってる…。
  新品との比較。
  この付け方で正しい(…はず)。

 

 

まず、運転席側の作業をしてから助手席側を行いましたが、助手席側は塀までのスペースがなく(ホイルカバーを外す時勢い余ってブロックに肘をぶつけて思いきり擦りむいて痛かった)、ジャッキアップ途中でジャッキを回せなくなって、仕方なく家の前の路上にクルマを動かして作業をしました。

パッドを外して見ると、こちらはかなりパッドが残っています。

外したパッドの残量を測ると…
  運転席側 IN: 2.2mm OUT: 2.9mm
  助手席側 IN: 6.2mm OUT: 5.5mm
とかなりの差がありました。
片効きしてるんでしょうか?あまりに差がありすぎるので、原因究明をしたいです。

  こんなに左右で差が出るものかな〜?

こちらも同様に作業して完了です。パッドが外れにくかったりして少し苦労もしましたが、あっさり作業終了。

 

 

ところが、完了してはたと気付いたんですが、前回フルードを交換したのは昨年の車検の時。その時すでにパッドは結構減ってたはずだけど、普通MAXに近いレベルまで入れる(…と思う)。そこに新しいパッドをつけるために目一杯ピストンを押し戻したら…。当然フルードが溢れてしまいます(苦笑)。前回交換した時は新車時から初めての交換で途中フルードの交換とかはしてなかったのでこの心配は無用だったんです。

リザ−バータンクをチェックすると、案の定フルードが溢れている(-"-)
バイクに乗ってた頃からブレーキフルード関係はあまり扱うのが気が進まない部分なんですが、しょうがないので多すぎるフルードを抜き取ります。この時点ですでに辺りは真っ暗。作業灯をつけての作業。

  この時点はまではまだ写真を撮る余裕がありました(^ ^;;

スポイトがなかったので、台所を漁って見つけたストローをタンクに突っ込んでストローの端を指で押さえてフルードを空き瓶に移します(後日グッデイでちゃんとしたスポイトを買ってきました)。これをくり返して適量に調整するんですが、若干抜き過ぎたかも。抜いたフルードを入れた瓶をバルクヘッド上の樹脂カバーの上に置いて溢れたフルードを拭き取って、念のためレクトラクリーンできれいにしておこうとした瞬間…。

 

 

 

瓶に手があたってフルードをぶちまけてしまいました。

 

 

 

「ひぃいいいいい〜」とまじで声が出てしまいましたToT。

 

 

こぼれたフルードは樹脂カバーの上を流れて運転席側の水抜き穴(ちょうどブロアファンの上横あたり)の中に吸い込まれて、車体の下から地面に落ちていきました。 これまでもいろいろ失敗はやらかしましたが、こんな激しいのは初めて…。

とにかくホースで水を流しながら手の届く部分は擦って洗って、後は1時間くらい水を流しっぱなしにしておきました(幸い今年は水不足の年でなくてよかったっす)。内部の塗装は大丈夫かな?フルードで塗装が侵されてそこから車体が錆びたら目も当てられないです。大丈夫かどうかチェックする方法はないかな〜。

と、パッド交換自体は問題なく終わったのですが、お後がよろしくないようで…。

フルードを入れた瓶は万が一倒しても大丈夫な所に置くようにしましょう(爆)

 

注意:このレポートはあくまで私が行った作業のレポートであり、このページを見た方に同作業を薦めるものではありません。このページを見た方が作業を行ってその結果起きたいかなる事故・および損害その他に関しては著者は一切関知しません。作業をされる方はあくまでも自己責任でお願いします。

 

 


らくだ庵ホーム愛馬の部屋燦々サンク>ルノーさんの最近・2004年8月11日