らくだ庵ホーム愛馬の部屋燦々サンク>ルノーさんの最近・2005年2月13日


2月13日
□ エンジンオイル交換 
64,008Km

実は2004年は1回しかエンジンオイル換えてませんでした(爆)

大体ルノーさんは4,000〜5,000Kmで交換してたんですが、2004年の5月に換えて以来まだ3,500Km程度。嫁さんが仕事辞めて、今の所に引越してきてからは極端に走行距離が減りました。これでもマセがないので、ルノーさん1台で全てをまかなっているんですが(笑)

走行距離が交換時期でなくてもオイルは半年に一回は交換すべきだということですし、特に今の使い方は、ごく近い範囲で使うことが多いので、エンジンオイルにとっては過酷な状況下での使用なのでなおさらです。

分っていながら、なんとなくのびのびに…(^ ^;;

 

 

昨日M氏にお願いしていたオイルを受取って来て、早速今日交換しました。

近所をひとまわりしてオイルを暖めて来て、ドレンの下にバットを置いてドレンを緩めます。そのまま30分ほど放置してオイルを落として、ドレンに新しいパッキンをつけて締め込み、その後新しいオイルを入れて完了。

その後バットの中の廃油をオイルの空容器に移すのですが、最後にバットを拭きる時には廃油も冷えきっててかなりの粘度に。「この気温だと15Wはこんなに粘度があるんだな〜」と感心しました。まあ5Wとか0Wとかが同じ条件でどのくらいのもんかは未経験ですが(爆)

クルマが冷えている状態でセルを回すと苦しそうに回るんですが、これまでてっきりバッテリーの弱りか!?と思ってたけど、やはり15Wという粘度のせいかもしれないな〜という気がしてきました。クルマが暖まってる状態ではセルも軽々と回ります。試しにエンジン停止直後のバッテリー端子電圧は12.9Vでした。しばらく放置した寒い朝とかが現在どうかは測っていませんが、バッテリーは問題なさそうな感じです。

※ 20050217 追補:走行後ほぼ1日半経過した状態の深夜に端子電圧を測ってみました。結果は12.66〜12.67V。正常範囲な感じでしょうか。端子にテスターを当てた瞬間一瞬だけ12.73Vを示して、すぐに上記の電圧に落ち着きます。

 

 

ところで、最近クルマを弄る時は薄手で手にぴったりのゴム手袋をするようになりました。そのままでもいいし、上に軍手をしてもオッケー。ティフォー児さんの222Eを解体する時にhayaseさんに薦められて使い始めたんですが、最高にグッドですな。手は汚れないし、暖かいし。

今日もオイル交換終わって手袋外せばほとんど手も洗わなくて良い状態。この時期はお湯で石鹸つけて何回も手を洗うと手の甲が荒れるのでこれはありがたい。もう手放せません。ホームセンターで50枚入りとかでたしか200〜300円で売ってるので弄る度に使い捨てになっても大丈夫。実際は数回は使い回しできますが。

 

 


らくだ庵ホーム愛馬の部屋燦々サンク>ルノーさんの最近・2005年2月13日