らくだ庵ホーム愛馬の部屋燦々サンク>ルノーさんの最近・2005年7月27日


7月27日
□ 夏対策:GTTフロントグリル取り付け(ペイント準備編) 
65,740Km

夏対策の一環で昨年入手していたGTTのグリル(#7701367888)

早く取り付けようと思いつつ、もう7月も終わり…。とはいえ、全く何もしていなかったわけではなく、ルノーさんの純正色「タングステン」のスプレーがないかルノー福岡中央に聞いてみたりしました。結果はスプレーはない…とのことでした。少し期待したホルツの「MiniMix」も、ルノーのカラーではソリッドのごく一部の色があるだけで、メタリック系は殆ど 全滅。(手元にあるルノーの91年のカラーチャートに乗ってる色を片っ端から入れてみました(笑))

仕方がないのでホルツ等のスプレーで似た色を探す事に。

まずは手持ちの色を試してみました。ひとつは八幡様用に買っていた「トヨタ車用#179ブルーグレーM(T-39)」(ホルツのスプレー)、ルノーさんに乗り始めてすぐ買っていた「トヨタ車用#182ブルーイッシュグレーM(T-22?)」(タッチアップペン)

新しいグリルにプラサフを吹く時にこの2色を実験してみました。お菓子の缶にもプラサフを吹いて、その上から2色を塗ってみました。乾いてから実際にルノーさんの車体やカラーチャートと比較してみると、「トヨタ車用#179ブルーグレーM」が丁度良い色に見えました。

ところが上からクリアを吹いてみて見ると、かなり色が濃くなってしまい、これでは合わないことが判明。もう一色の「トヨタ車用#182ブルーイッシュグレーM」も微妙に違う。色味で番号が並んでいるなら#179と#182の中間くらいでほんのわずかだけ緑がかったものが合いそうなんですが…。

 

手持ちの二色では微妙に合わないことが分ったので、カラーチャートを持って近所のナフコ(ホームセンター)へ。ここでホルツの色見本と突き合わせて見ると、良さげな色が2色見つかりました。トヨタ純正色で色名はどちらも「グレーイッシュグリーンM」番号は「6M3」と「6K6」。微妙に濃さが違い、取り寄せを頼むために来てもらった店員さんの前でしばらく悩んで結局両方買ってみることにしました。一本\770也。

どっちかは無駄になりますが、この辺りの微妙な色は大体取り寄せになるので、合わずにまた頼むとさらに1週間以上作業が滞るし…。

サンクGTTのフロントグリル。購入して1年も熟成させてしまった…。
庭で塗装作業。
庭は埃が立つので風呂場で乾燥(ボルナツに「風呂場は埃が少ない」と書いてあった)。右側の缶は実際に色を吹いた現車比較用。
サンク購入時にもらった1991年版のRenaultカラーチャートとファブリック見本。
ルノーさんのカラーはタングステン#608
チェリ子も一緒に検討(笑)
そのままだと左の#179ブルーグレーM(T-39)が合いそうだが…。
クリアを吹くとかなり濃いめに…。
クリアを吹いたら右の#182ブルーイッシュグレーMでも良さそうだけど、ルノーさんの色よりかなりのっぺりした感じ。

さて、とりあえず今日はプラサフを吹いたまでで終了。今日注文したスプレーが届くまで保管するのですが、なるべく埃が少ない所がよい。そこで選んだのが的廬号のトランク。サイズ的にもぴったりだし、埃の問題もなさそう。

…と、いうことで一旦は的廬号のトランクにいれたんですが、完全に乾燥するまでは匂いも結構出そうだし、トランクと車内はつながっているので、「車内に匂いがついたらいやだな〜」と思い、最終的に物置に入れておくことにしました。物置きの中は意外と埃は積もらないので1週間程度なら問題ないでしょう。

一旦は的廬号のトランクに入れたものの…。

 

 

早くしないと夏が終わってしまう…(汗)

 

 


らくだ庵ホーム愛馬の部屋燦々サンク>ルノーさんの最近・2005年7月27日