らくだ庵ホーム燦々サンク>ルノーさんの最近・2005年12月12日


12月12日
□ 師走に出先で立ち往生〜セルモーター昇天 
66,623km

しばらくの間、基本的にノートラブル(笑)で活躍してくれたルノーさん。

いきなりきましたね〜。しかも初めて私がいない時に立ち往生。

12月のある日、チェリ子が風邪で熱を出したので、嫁さんが小児科に連れていきました。診察が終わって、帰ろうとすると、ルノーさんはうんともすんとも言わない。私もまさかセルモーターそのものが逝ったとは思いませんでした。

電話でいろいろチェックします。
 ・電圧は正常
 ・ATセレクターも何度かがちゃがちゃした
 ・セルが回らない時にブーンという音はしない

で、どうしようもなさそうなので、JAFを呼ぶことに。

チェリ子が熱を出しているのに、病院で長いこと待つことになって嫁さん少し機嫌が悪かった…。病院で他の子供の病気をもらわないように、患者が少ない朝一で出てきたのに…と。おまけに外は雪が降っているし。

JAFが到着して見てもらうと、やはりセルモーター自体の不具合のようで、セルモーターに振動を与えるとセルが回ってエンジンがかかったそうです。すぐにレッカー移動かと思ってましたが、雪の中、あれこれ一所懸命点検・作業してくれたそうです。感謝です。

そんなで結局自走で帰れたんですが、すでにお昼ごはんの時間も過ぎていたので、途中でパンだけ買ったらしいけど、パン屋さんの前の駐車場でやむをえずエンジンはかけっぱなしにしてたらしい。(エンジン止めたら多分次はかからないので。)

 

次の日、私がチェック。キーを捻るとセルがカチっと言ったっきり、うんともすんとも言わない。いつものセルが回らない症状とは違うので、やはりセルモーター自体が駄目なよう。

ヨーロピアンバージョンに連絡して、引き取りに来てもらうように手配しました。(今考えると、なんとかエンジンをかけて(もう一回JAF呼ぶとか)自分で持っていけばよかったですが…)

 

 


らくだ庵ホーム燦々サンク>ルノーさんの最近・2005年12月12日